ダイエットから過食症

過食症のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センター【摂食障害専門外来】でおこなっております。摂食障害(過食症/拒食症)チェックリストのも掲載。

 

ダイエットから過食症に:カウンセリング治療が効果をあげる

 

【気をつけよう ダイエットから過食症/拒食症に落ち入らないように】

——–こんなサインが要注意↓↓

1.食べ物のカロリーやグラム数を正確にださないとダイエットした気にならない。

2.食べ物が目の前にうかんで離れず、ダイエット以外には何も手につかない。

3.ダイエットをしているのにどか食いしてしまう。過食症にならないか不安になる。

4.ダイエット中に食べだすと止まらなくなることがあるが、過食症だろうか。

5.過食症になるのが恐くて、食べ物のグラム数やカロリーへのこだわりが強くなってきた。

ダイエットから過食症になっても、カウンセリング治療を受けることで早く過食症から立ち直れます。次をクリックしてください→→淀屋橋心理療法センター「摂食障害専門外来」

 

【事例紹介:ダイエットから過食症に。早いカウンセリング治療で立ち直る        清香の場合 大一】

(1)「やせた、うれしーい!!」

朝食は完全なダイエット食: トマト1個(19kcl)、ヨーグルト(65kcl)、カロリーゼロのゼリー

昼食は、大学の学食で一番カロリーの低いメニューを選んでたべます。野菜サラダとかおソバとか。「みんなと一緒に食べるから、食べないわけにはいかなくて」本当は食べたくない、昼食は抜きたい気持ちが強いのですが、清香は仕方なく食べます。

夕食はお母さんが用意してくれますが、清香は「今ダイエットしてるんだから、カロリーの低ーいのにしてね。酢の物とか焼き魚なんかがいいわ」と、いつも注文をだします。「ダイエット中ならしかたないわね。わかったよ」とお母さんも協力的。

清香は一日の摂取カロリーを800kcl以上にならないよう、食事を自分でコントロールしています。(成人1600kcl〜) ひと月ほどして清香はだんだんやせてきました。

「やせた、うれしーい!!」清香は体重が3kgへったので、おお喜びです。

 

(2)「やせたらみんなが『きれい』ってほめてくれるし、注目してくれる」

ダイエットを続けていると……..

*『清香、このごろやせたね。きれいになったわ』と、会う人ごとに賞賛の声。

*バレー教室では先生が「まあ清香、きれいなシルエットよ、ジャンプも高い

し。よくやせられたわね。えらい、えらい」とほめてくれて。

*「去年は太って入らなかった洋服が、また着れるようになった。うれしーい」

*ボーイフレンドの健太も「清香、このごろスマートやな。僕やせた女の子好きやから」と言ってくれた。清香はうれしくてたまりません。

やせたらいいことがいっぱい。「ダイエットしてよかった!体重が減って、きれいになれた」清香は、毎日が楽しくて楽しくて。このころは自分が過食症になるなんて、夢にも思いませんでした。

 

(3)「あの人に負けたくない、もっとやせなきゃ」

清香のダイエットが効果をあげて、ボーイフレンドの健太が喜んでくれていたうちはよかったのですが、状況が少しずつ変わってきました。健太がこんなことを言いだしたのです。「ほら見て、あそこに座ってる女の人。細くてきれいやな」。これを聞いた清香はハッとしました。「もっとダイエットに力入れてやせなきゃ。あの人に負けたくない」。この日から清香の」ダイエットに拍車がかかり始めました。

やせていく体がとてもうれしくて、鏡に何度も自分の体を写していました。しかしこのやせる喜びも食欲という本能の前に折れてしまう日がきました。我慢に我慢をかさねて食べるの抑えていたのですが、ある日テーブルにおいてあるチョコレートの箱が目に入ったとたん、「食べたい」気持ちがわいてきました。「ダメ!! 過食症になってしまうよ!!」と、思いっきりブレーキをかけたのですが。

 

(4)食べたい気持ちにストップがきかず、過食症

「なんておいしそうなんだ。このにおい、色、一粒だけならいいだろう」と、手にとり口に入れました。「甘い、おいしい、なんておいしいの、とろけそー」。清香はチョコレートから目がはなせませんでした。「あと一つ、あと一つだけ」と思いながら次から次へと口に放りこむように食べてしまい、気がつくと箱はからっぽ。「あー、どうしよう、こんなに食べてしまった。太るよー、もう過食症だ!」。

 

(5)早いカウンセリング治療で回復に

それからの清香はダイエットが崩れ、だんだんと食べる量が増えて過食症になっていきました。しかし母親の機転もありこの時点で当センターの摂食障害専門外来をおとづれ、カウンセリング治療を継続して受けました。早い対応で、清香の過食症はだんだん回復しています。

早期発見、早期治療が、摂食障害(過食症/拒食症)に、効果があることは言うまでもありません。

 

淀屋橋心理療法センター 摂食障害専門外来(06-6866-1510)

福田俊一  所長 精神医師 カウンセラー

増井昌美  摂食障害/過食症専門セラピスト

 

↓淀屋橋心理療法センターから出版した摂食障害(過食症/拒食症)の本↓

職場のストレス・マネジメント 過食・拒食の家族療法 しぐさで子どもの心がわかる本
克服できる過食症・拒食症
こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある
ちょっと気になる子どもの行動 心の声に気づいて!ちょっと気になる子どもの行動
心の声に気づいて!
ちょっと気になる子どもの行動 心の声に気づいて!母と子で克服できる摂食障害
過食症・拒食症からの解放
克服できるリストカット症候群克服できるリストカット症候群新着