過食症治し方(大阪):母親に娘への対応をアドバイス

摂食障害:過食症のカウンセリング治療は、 大阪の淀屋橋心理療法センターhttps://www.yodoyabashift.com)でおこなっています。 TEL: 06-6866-1510 (無料の事前相談があります)

********************************************************************************************

清美(25才)は、過食症にかかって7年になる。病院の精神科に3度入退院をくりかえしたが過食症は治らず、その後はひきこもり同然の生活を送っていた。三年前の春、当センターが出した本「過食・拒食の家族療法」「過食症と拒食症ー危機脱出の処方箋」の2冊を読んで来所した。

「親にアドバイスをくれる所」、これが来所の決め手

「今までの所と、ここはちがうなって感じました。強制しないっていうか、食べる食べないを任せてくれるっていうか」と清美。「本を読んで、親にどうしたらいいかをアドバイスくださる所って印象があって」と母親。「遠いけれど、行ってみよう」と決心した気持ちを、二人はこう話してくれた。「いろんな所へ行きました。病院、心療内科、カウンセリングセンターなどです。子どもに『ああしたらいけません。こうしたらいけません』という指示はでても、親にたいしてはなにも言ってもらえませんでした。家に帰って「この子のために、母親としてなにをどうしてやったらいいんだろうと、いつもわからなくて困っていました」と、母親は話した。

過食症とひきこもり

清美の過食症は決して軽いとはおせじにも言えない状態だった。18才で食べ吐きがはじまって、19才のころからひきこもりになって、毎日4~5回の食べ吐きをくり返している。体も歩くのがやっとというくらい細く弱々しい。

「頑張って通います」と、母親は力強く答える

「過食症になって7年がたっていますね。いろんな治療を受けられて、もしかしたら『もうなにをしてもだめだ』というお気持ちになっておられませんか?」と、念のためセラピストは聞いてみた。長期化したケースによくあることだが、本人は「もうあかん、なおらへんわ」と自暴自棄になっていたり、親のほうも疲れはててしまって、途中で治療をストップせざるを得ない状態になることがよくあるが、清美の母親は「頑張って通います」と力強く答えた。これが、現在は元気に活躍している清美が当センターに初めて来所した時の話である。

過食症の娘と母親

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

(更に詳しい情報:上のリンクから当センターのメインHPへお越し下さい)

☎ 06-6866-1510

福田俊一  精神科医 所長 (摂食障害専門外来 40年の治療歴)

増井昌美  過食症専門セラピスト(摂食障害専門外来 30年の治療歴)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村