2.手首を切るという行為の裏には山のような問題が。

2.手首を切るという行為の裏には山のような問題が

子どもの弱い面が家族の援助でどこまで成長できるかが鍵

子どものリストカット(自傷行為)に親は驚かされる。「深く切れてしまったらどうしよう。また切ったらどうしよう」と、不安と心配が先立ち、どうしても腫れ物にさわる対応になる。しかしこれでは現実的な解決は導き出されない。また逆に子どもが再び明るくなると「もうあんなことはしないだろう」と油断し、もとの親に戻ってしまう。ここで紹介する麻紀(高二)の両親も、同じような対応であった。

「リストカット(自傷行為)」という出来事は、航海中に「突然見えた氷山の一角」のようなもの。映画「タイタニック」のように、激突した氷河の下にはその九倍もの氷が潜んでいる。同じようなことが子どものリストカットにも言える。山のような問題の一角を、手首を切るという行為でちらっとみせてくれたにすぎない。これを見落としてはならないサインととって、慎重に専門家のアドバイスを求めてほしい。

「文化祭の委員の責任が果たせるかしら」と不安が

麻紀は今度開かれる文化祭の実行委員に選ばれた。ハキハキと行動的な面がみんなの推薦を勝ち取ったようである。と言えば聞こえはいいが、実は大変な責任が両肩にかかってくる。普通はできれば自分はなりたくない。そんな暇があるのなら、少しでも受験勉強に取り組みたい。二年生の秋ともなれば、そろそろ志望校も決まり、勉強もスタートダッシュの時期である。

「先生によばれたんです。準備はどうなってるの。そんなことでは間に合わないでしょ。あなたは委員なんだから、みんなを引っ張っていってくれないと」と、職員室で叱られた。麻紀にしてみれば、こんなに頑張ってるのに、なんで私だけが」というくやしい思いがいっぱい。また自分の力のなさも痛感させられる。「私たちのクラスは仮装行列をすることになったんです。衣装の打ち合わせもしないといけないのに、昨日放課後残ってくれたのは10人だけ。これでは一週間後にせまった文化祭に間に合いそうもない」。こんな思いに追いつめられて、腕のあたりに赤い線を走らせてしまった。

「無力な自分を許せないの」

セラピストは麻紀に気もちを聞いていった。初めのうちは「疲れてたのか眠くて。眠気をさませるかな」と思ってと、とりつくろうようなことしか言わなかった。「リストカット(自傷行為)をする子はね、とても明るく感じのいい子が多いんですよ。でも本心はその逆。すごく自分を責めている。しんどくてもう限界まできてるんです。麻紀さんはどうでしたか」。こうした本心を察する言葉掛けで麻紀は少しづつ心を開いてきたようだ。「クラスのみんなを動かせなくて、文化祭に間に合わなかったらどうしよう。私の責任だ。無力な自分が許せないの」と、とうとう心の中を打ち明けた。麻紀は包帯をほどいて見せた。赤い傷が痛々しい。縫うまではいかなかったようだが、「傷、残るかしら。ケロイドみたいになるかも」と、不安そうであった。

自分とのつき合い方は上手ですか?

わりとクラスでもポンポン、ハキハキものを言うほうなので、友だちも多い。面倒みも悪くないので、いつもなにかあると「麻紀、話し聞いてくれる」と、相談にこられる。「たしかに学校ではうまくいっているような印象をうけますが、これが本当の麻紀さんの姿でしょうか。お父さん、お母さん、今一度ようく考えてみてください。

親の顔色をみるけっこう気づかいの多い子だったりしませんか。自分の本心とちがうところで動いていませんか?本当の性格とあわない人生を歩んでいると、息切れがしてきますよ。自分とのつき合い方は上手ですか?家族とのそれはどうですか?

セラピストはこの点に集中して質問を重ね、親の危機意識を目覚めさせていった。

文化祭が終わったらだいじょうぶではないですか?

「今は忙しいからこんなことをしてしまいましたが、来週文化祭が終わったら、また落ち着くかなって主人とも話しをしてるんですけど」と、母親は遠慮がちにこう話した。

セラピストは首を横にふりながら、次のように説明をした。「まだおわかりになっていませんね。それは『喉元すぎれば、熱さ忘れる』と、同じようなことにすぎません。これからまた違う困難に直面した場合、麻紀さんはどれだけ多くの解決法を持っているでしょう。多分ほとんどないと思います。短絡的に「手首を切る」というほうへ行かれる可能性は高いですよ。解決策が少ないですから、今この出来事をチャンスととらえ、力をつけていってあげないと。頑なであったり、なにかの価値観にしばられていたり、状況を変えにくいものがあるはずです。そのなかでの解決策が手首を切るということなんです。今まで困難にあたってうまく解決できたという体験の少ないお子さんでは? またご自分に自信がないところがいっぱいおありではないですか? おわかりでしょうか。文化祭が終わったからといって、急に麻紀さんが成長して、たくましくなられるということはないでしょう。まだまだ時間をかけて取り組んでいきませんと」。セラピストの話を聞きながら、両親はようやく本格的に、リストカット(自傷行為)の治療に取り組む決心を固めていた。

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

(更に詳しい情報:上のリンクから当センターのメインHPへお越し下さい)

☎ 06-6866-1510