摂食障害:ドカ食いは過食症?お母さんの不安 

ステータス

摂食障害:ドカ食いは過食症?お母さんの不安

摂食障害:過食症のカウンセリング治療は、 大阪にある淀屋橋心理療法センター摂食障害専門外来でおこなっています。 TEL: 06-6866-1510  FAX: 06-6866-2812(無料の事前相談があります)

***********************************************************************************************************

 

摂食障害:「うちの娘、ドカ食いしてる。過食症じゃないかしら?」    ********「食べ方」でわかる摂食障害:過食症

 

娘さんがドカ食いをしており、不安を抱えたお母さんからの質問です。

母親の質問:中学二年の娘がいます。最近毎日のようにすごい量を食べています。過食症ではないかと心配です。食べ方や量でわかりますか?

 

専門家の答え:食べ方量だけでなく「吐く、やせ願望」なども大切なポイントです。

ドカ食い、バカ食い

すごい量をいっぺんに食べるというのは、いわゆる「ドカ食い」ですね。「バカ食い」という人もいます。食べ方だけで「過食症」と判断できるか、それは早計でしょう。中学2年生というと「食ざかり、伸びざかり」ですので、お母さんから見たら「びっくりするくらいの量」を食べることもあるでしょう。健康で順調に成長しておられる証ともとれます。

「食べるのを止めてみてください」

一度食べている娘さんを止めてみてください。「それくらいにしといたら。食べ過ぎると胃によくないよ」と。そのあとの娘さんの反応で過食症か、単なるドカ食いかわかります。

「うるさいな、ほっといてよ」「食べてるときはじゃましないで」「いちいち食べ方にまで干渉して、うざい」というふうに、怒ったようなお母さんを避ける返事が返ってきたら「過食症」の可能性がありますね。

■食べた後落ち込んだり、吐いたりしていませんか?

さらに「過食症」とわかるのは、食べた後の娘さんの様子です。「あーあ、どうしよう。食べちゃった。太ったらいやだな」とか口にしながらうっとおしい顔つきをしていませんか? ドカ食いをした後、ふさぎ込んで口をきかなくなったり、トイレや自室に駆け込んでいったりすることがよくあります。

間違いなく過食症とわかるのは、トイレや自室で吐いていることです。娘さんはお母さんにさとられたくないと隠れて行動することがよくあります。それでも吐く音や臭い、出たあとのトイレの汚れなどでだいたいわかります。自分の部屋で吐く場合は、ナイロンの袋をバケツにセットして吐いたりします。それでも吐いた物を入れたナイロンの袋の口をしばってそっと持って出てきたり、コソコソしていることがよくあります。ドカ食いしたあとの様子をみておきましょう。

「吐かない過食症」の人もいます

「吐かない過食症」の人は分かりにくいですね。「吐く過食症」「吐かない過食症」に共通して言えるのは、「やせ願望」があるかどうかです。

心の底には「やせたい、でも食べたい」気持ちがとても強くあります。「私、太ってる?」「こんなに食べたら太るよね」「また食べちゃった。また太る。いやだなあ」とぶつぶつ言いながら、うつっぽくふさぎ込んだりすることがよくあります。「ドカ食い」をしてる娘さんが「過食症か過食症でないか」の判断の目安になりますね。

****************************************************************************************************************

 

淀屋橋心理療法センター  摂食障害専門外来 ☜クリック

☎ 06-6866-1510

福田俊一  精神科医 所長 (摂食障害専門外来 40年の治療歴)

増井昌美  過食症専門セラピスト(摂食障害専門外来 30年の治療歴)