中学生、高校生と過食症・過食嘔吐・吐かない過食

摂食障害:過食症のカウンセリング治療は、 大阪の淀屋橋心理療法センターhttps://www.yodoyabashift.com)でおこなっています。 TEL: 06-6866-1510 (無料の事前相談があります)

*****************************************************************************

「いつも人に合わせてしんどい私。」

今朝はまたとくべつ寒い朝でした。歩いてくる公園の道沿いには霜もおりていました。オフィスの窓からみえるイチョウの木もすっかり裸になって、寒そうに立っています。「おはようございます」と、カウンセリング室のドアを勢いよく開けました。そこには過食症で来所の晶子さん(高校一年)とお母さんが座って待っていました。

「行きたくないのに、『うん』って言ってしまう自分がきらい」

「晶子さん、どうしましたか。泣いたりして」と、セラピストは声をかけました。「はい、先生、コンサートに行きたくないって泣いてるんです」と、お母さんが晶子さんに代わって答えます。どうやらクラスの友人に次の日曜日、アンジェラ・アキのコンサートにさそわれたようです。ほんとうは予定が入っていて行きたくないのに、「うん、行く行く」と、快い返事をしてしまったといういきさつでした。

友人:私、アンジェラ・アキ、だいすきやねん。あの声が清らかでなんともええよな、晶子。晶子も好きやろ。

晶子:え、あー、アンジェラ・・・うん、好き、私も好きやで。

友人:そうやろ、やっぱりな。チケットあんねん。一枚あまってるんやで。行こうなコンサート。来週の日曜日やねん。

晶子:うん、行く行く。楽しみやわ。

友人:これできまりっ。あー、よかった。やっぱりあっ子やな。OKしてくれるって思ったわ。

「もうええねん、思いっきり食べて吐いたら、スッとしたから」

このように晶子さんはその時のいきさつを泣きながら語ってくれました。「ほんまは、私、彼と図書館でいっしょに勉強する約束やってん。けどそんなこと言えへんし。あわせといたほうがええと思ってイエスゆうてしもたんや。あとでしんどーくなるけど、その場はスムーズにおさまるから。あとでなんでことわらへんかったんやろって、自分に腹がたって。私って、いつもこうや。自分がきらいや」と、晶子さんは言いました。そしてこうつけ加えました。「もうええねん、思いっきり食べて吐いたら、スッとしたから」と。

小さいころから「合わせる自分」ばっかりだったと

お母さんから「晶子はピンクがよくにあうね」と言われると「そうかも・・私、ピンクがね」と思ってしまう。「お魚はやっぱり煮たほうがおいしいね」って言われると「そうやね、煮魚がおいしいね」と答えていた。そんな人にあわせる自分が良い子だと思いこんでいた。中学三年のときに過食症を発症していらいずーと、そんな自分に「なんかおかしい、もやもやするけど、しっかりつかめへん」と、イライラしていた。

淀屋橋心理療法センターの摂食障害専門外来でカウンセリング治療を受けはじめて、少しづつ「もやもや」「イライラ」の正体が見えてきたようです。

母親は「友だちからさそわれて、イヤなら『行きたくない』ってはっきり言えばいいのにと、思うんですけど」と言います。「そんなこと言ったって。お母さんはすぐ簡単に結論ばっかり言って。できひんって言ってるのに」と、晶子さんは怒りをぶつけます。「晶子さんはまだ自分がしっかりつかめていないから「ノー」がだせないんですね。つい「行こう、行こう」と、あわせてしまって。まだ自分の色をうまく出せないから「どんな色にも染まります」みたいになってしまうんですね」と、セラピストは助け船をだしたました。

心のつぶやきを言葉で伝える練習を

カウンセリングでは、晶子さんの心のつぶやきを言葉で伝える練習をしていきました。

◆セラピスト:晶子さんは、長いヘアースタイルのほうが似合うね。

晶子:私、ショートカットがほうが好きなんです。

◆セラピスト:そのワンピースすてき。晶子さんはピンクが似合うよ。

晶子:そうですか。でもほんとうは、モノトーンが似合うと思ってるんですけど。

◆セラピスト:冬空ってさむそうやね。やっぱり春のあたたかい空のほうがいいよね。

晶子:いえ、私は冬のきびしい寒さが好きなんです。顔に冷たい風を感じながら歩くと身が引き締まって。

◆うまく自分がつかめないときは「きょうはね、ちょっと気分が悪いの。ええ返事できひんかも・・・ごめんやけど」とかで、やんわりと切り抜ける練習もしました。

晶子さんは、だんだんしっかりと自分の好みが言えるようになってきました。「お母さん、お魚はやき魚にしてね。わたし煮魚より焼いたほうが好きやねん」とか「セーターね、黒にした。黒のトックリセーター。とう似合うやろ」と。

半年たって、過食の回数がグーンと減って

カウンセリング治療をスタートして半年がたちました。晶子さんは、いままで一日3回は過食をせずにいられなかったというのに、今では二日に一回くらいの過食に減ってきています。食べ方も信じられないくらい落ち着いて食べられるようになったと、お母さんから報告がありました。

晶子さんは「私、過食症になってわかったことがあるの。それは『人に合わせすぎてはいけない』ってこと。合わせることも大事やけど、ムリをしたらいけないってことを学びました」と、しみじみと語ってくれました。

ストレス、イライラ 過食症 過食嘔吐

淀屋橋心理療法センター  摂食障害専門外来 ☜クリック

☎ 06-6866-1510

福田俊一  精神科医 所長 (摂食障害専門外来 40年の治療歴)

増井昌美  過食症専門セラピスト(摂食障害専門外来 30年の治療歴)

止まらない過食症・過食嘔吐・非嘔吐過食克服のきっかけ

摂食障害:過食症のカウンセリング治療は、 大阪の淀屋橋心理療法センターhttps://www.yodoyabashift.com)でおこなっています。 TEL: 06-6866-1510 (無料の事前相談があります)

****************************************************************************

過食症のカウンセリング治療を受けに来所されている前田さん。長女の美咲さん(14才)が食べ吐きをくり返すうち、不登校になってしまいました。他県からお母さまが熱心に通われています。

中学生の美咲さん(過食症)が初めて来所

「先生、こんにちわ。イチョウの葉っぱがこんなに黄色くなって」と、お母さまが手いっぱいの葉っぱをみせてくださいました。高速バスを下りて緑地公園を通り抜けてくるとき、あまりにもきれいな秋色の葉っぱをひろってこられたようです。受け取りながらふとお母さまの後ろをみると、女の子が立っています。「美咲です。初めてきました。『今日は私も行きたい』言いまして」と、お母さまが紹介されました。

「ヘヘヘーッ」と、照れ笑いしながら美咲さんは「よろしくお願いします」と、ちょこんと頭をさげました。

「カウンセリングに通うお金あるんなら、私にちょうだい」

美咲さんは、お母さまがカウンセリングに通うことに反対だったと聞いていました。「そんなお金あるんだったら、私にちょうだいよ。食べたくてお金ほしいんだから」と、いつもお母さまを困らせていました。それがカウンセリングの回数が重なるごとに、だんだん変わってきました。「お母さん、今度いつカウンセリングに行くの?」とか「気をつけて行ってらっしゃい」とか、声をかけてくれるようになりました。

「お母さん、私の話よく聞いてくれるようになった」

「美咲さん、はじめまして。いやー、びっくりしましたね。きょうはどうして来ようっていう気になったの」と聞くと、美咲さんは次のように話してくれました。「あのね、はじめはいやだったの。お母さんがカウンセリングに行くの。私のことあれこれしゃべられるのいやって思って。でもお母さん、だんだん変わってきた。私の話しよく聞いてくれるようになってきて、うれしかった」と、小さいけれどはずむ声で言いました。

止めたいのに、止まらない過食

「お母さんに『そんなに食べるの、やめなさい』とか『吐くの、もったいないじゃない』とか言われて。自分でも過食・嘔吐はいけないことだとわかっていても、止められなかった。だからそう言われるのがとてもいやだったの」と、美咲さんは話をつづけた。

うれし涙が頬をつたって

「それがカウンセリングを受けだしてから変わってきた。あれっ!て思ったの」。「お母さんが『過食は、つらいよね。ほんとうにつらいんだよね』って、私を見て言ってくれた。はじめは信じられなかった。でも『止めたくても止められないんだよね、美咲ちゃん』って。あー、私の気持ちわかってくれてるんだ」って思ったらすごいうれしかった」。

「それで私もカウンセリングに行ってみたいなって思うようになりました」と、話す美咲さんの頬にはうれし涙がつたっていました。

止まらない過食・過食嘔吐

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

(更に詳しい情報:上のリンクから当センターのメインHPへお越し下さい)

☎ 06-6866-1510

福田俊一  精神科医 所長 (摂食障害専門外来 40年の治療歴)

増井昌美  過食症専門セラピスト(摂食障害専門外来 30年の治療歴)