摂食障害(過食症・拒食症)の専門家によるカウンセリング治療

摂食障害(過食症・拒食症)のカウンセリング治療は、
淀屋橋心理療法センターにお任せ

■精神科医師が大阪で摂食障害(過食症・拒食症)のカウンセリングを行って35年

所長/福田 俊一(ふくだしゅんいち)

1975年 大阪大学医学部卒。大阪大学精神神経科、大阪府立病院神経科にて精神医療に取り組む
1981年 米国に留学、フィラデルフィア・チャイルド・ガイダンス・クリニック(PCGC)にて家族療法を学ぶ。家族療法の創始者S.ミニューチンに師事
1982年 住友病院心療内科、大阪厚生年金病院神経科、大阪市立小児保健センター精神科に勤務
1983年 淀屋橋心理療法センターを開設、所長に就任、現在に至る
1984~1986年 厚生省・神経性食思不振症調査研究班メンバー

■摂食障害(過食症・拒食症)の豊富な治療実績をもつ淀屋橋心理療法センター

◎問い合わせ及びカウンセリング治療をお受けした総件数は、   (2012.12.31まで)…2455症例

 

■所長 福田俊一(精神科医)からのメッセージ

1981年に米国へ留学し、摂食障害の家族療法で著名なS.ミニューチンの教えをうけ、日本に家族療法を根付かせ広げる礎を築きました。さらにそれを進化させて、本人がどのように成長すると摂食障害は治るのか、家族はそのためにどうすればいいかを研究し、独特の治療法を開発してきました。その治療実践を「克服できる過食症・拒食症」(星和書店)として一冊の本にまとめて出版し世の中に問いました。

摂食障害(過食症・拒食症)には必ず治る道があります。あなたは「この病気は治らない」と思いこんでいませんか?淀屋橋心理療法センターでは、40年のカウンセリング一筋の精神科医師と30年の過食症専門の女性セラピストがお手伝いをします。独自の進化した家族療法によるカウンセリングで、初期の摂食障害を素早く解決したり、こじれたり長期化した摂食障害も治癒に導いてきました。ご本人の「克服してみせるぞ」という強い気持ちと、「なんとか治してやりたい」という親御さんの熱意があれば、摂食障害は確実に治る症状です。