子どもの自傷行為(リストカット):家族療法のカウンセリング治療

まじめで頑張りやさん、甘えやホッとするもの探しでリカバリー

明るく話していた有香が、手首を切った(高一)

「あのね、きょう先生にほめられたんよ。みんなの前で」と、有香はうれしそうに夕食のあと母親に話した。「数学の試験な、一番やってんて」「え、ほんま、よかったやん」「私、がんばるで。今度の試験も」「そうか、えらいな、有香は。がんばりや」。こんな会話を親子で楽しくかわして、有香は自分の部屋へ入っていった。母親はうれしかった。高校に入ってから急に勉強しだした。「○○大学へいくんや」と、将来の希望も話していた。ところがその夜、たいへんな事がおこった。有香が手首を切ったのだ。

母親は有香につきそいながら「なぜこんなことするのか、わかりません」と、おろおろ。あんなにうれしそうに話してたのに、明るくがんばるって言ってたのに。診察を受けた医院で有香は平然として答えた。「なんか切りたくなっただけや。血みたら、スーッとしたわ」。初めてのことで、傷はさほど深くはなかったが、幾筋ものためらい傷が痛々しい。深い心の悩みを感じてというのでもないのか。しらけた気持ちと表情はとりつく島がなかった。

母親の「がんばりや」の一言が引き金に?

診察を受けた医院の紹介で有香はカウンセリングをうけることになった。リストカット(自傷行為)で大事なことは「くり返さないこと」。一度やると二度、三度と切る傾向がある。初めのうちはおそるおそるだが、だんだん大胆になり傷が深くなるので要注意。

有香を引き受けたカウンセラーは、明るい心の裏にある鉛の固まりは何かをさぐっていた。有香は頑張りやさん。勉強も部活も手を抜くということを知らない。できない自分は許せない。こんな気持ちで突っ走ってきた。志望校に合格してから、特にこの思いが強くなっていた。カウンセリングがすすむにつれ、有香の口からぐちとも不満とも取れる発言がこぼれだした。

「お母さんのうれしそうな顔を見たかったんや。良い子にしてへんと、捨てられるって。小さいときから、そんな思いがしみついてた」と。「私、お母さんきらいちがうで。好きや。そやから喜ばせたかったんや。ええ高校に入ったんもそうやし、勉強がんばったんもそうや。けど、お母さんいっつも私にゆう言葉決まってんねん。『がんばりや』や。これ以上がんばれと言うのか、あの夜そない思い出したら頭ボーッとして、なんかわからんようになって」。ようやく有香の心の裏にある鉛の固まりが、溶けだしたようだ。

頑張りやさんに必要なホッとできる息抜き法

「肩の力をぬけるかな。今まではがんばる有香さんだけでしたが、これからはリラックスもできる有香さんも加えていきましょう」と、カウンセラーは有香に語りかける。

今までの有香の生き方が行き詰まってきている。「がんばるか、手首を切るか」という、極端な二者択一の生き方しか知らない。「がんばるのはいいが、無理なく自分の本質を生かしながら元気がでる道を見つけられるか。ホットできる息抜き法がみつかるか」と、この二つが立ち直りの決め手になるだろう。

ホッとできるものさがし」やってみよう

肩の力を抜くといっても、今までずーとがんばるだけのやり方できた子にとって、そう簡単なことではない。英語の勉強をするとか部活でテニスをするとか、がんばってやることは得意だが、エネルギーをつかわずにできることは難しい。「何もしないで、空をボーっと見上げてるって、こんなことでもいいんですが」と、カウンセラーは「ホッとできるものさがし」のこつを話した。

カウンセラーは面接の度ごとに「ホッとできるものは、見つかりましたか」を、くり返して聞いた。「いいえ、まだ」と、答える有香に新たな課題が。「じゃこんどはお母さんと一緒に話しあいながら見つけてきて下さい」。母親との会話を促進して、お互いの親密感を高めようというのがねらいだ。

「ホッとできるもの」は、猫の背中なでること

半月たっての面接は、母親だけの参加であった。有香は面接のあと、母親と話し合いながら自分なりのリラックス法をみつけようとした。「エネルギーを使わないで、なんか気持ちが和らぐもの」・・・・・「お母さん、私にはそんなものないわ」と、有香はいらいら。そこへかわいがっている猫のミーコがやってきた。背中をなでてやると、ゴロゴロのどをならしてからだをすり寄せてくる。「よしよし、ミーコだけやな、私の気持ちわかってくれるの」。有香はなでてやりながら、話しかけていた。そんな様子をみていた母親は「有香ちゃん、ひょっとして、あんたのホッとできるものって、ミーコの背中なでてやることちがう?」。

答えが見つかった。「そうか、これが私のホッとできるものなんか。たしかにそうやな。背中なでてたら、いつのまにか気持ち落ち着いてる」。有香は納得できる発見をしてから、イライラしたり勉強をしたあとは、意識してミーコの背中をなでるようにした。

この発見が有香にゆっくりとした生活のリズムを教えたようだ。有香のリストカット(自傷行為)は、不思議にもその後なりを潜めている。母親の言葉によると、「たまにはリスカしたら、スッキリするやろか」とつぶやくが、実行するつもりはないと話しているらしい。

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

(更に詳しい情報:上のリンクから当センターのメインHPへお越し下さい)

☎ 06-6866-1510

うまくいかない就職活動と自傷行為(リストカット)

リストカットをする人はとても繊細な人が多いですね。ちょっとした言葉に傷ついたり、「自分はダメだ」と思いこんだりしてしまいます。ふだんから何事にも一生懸命と取り組んでいるので、少しでも「ダメサイン」が出ると、自分を許せなくなるようです。

ここで紹介する美香は大学3年生。リストカットのカウンセリングに三ヶ月前から通っていました。就職活動もはじまりそろそろ友だちのなかには内定をもらった人も出てきている頃です。「私だけまだ決まっていない。どうして?!」というあせりから、夜にリストカットをしてしまいました。

<次にあげる会話はカウンセリングにやってきた美香と母親、そしてカウンセラーの会話です>(文中カウ=カウンセラー)

カウ:(手に包帯を捲いている美香を見て)またリストカットをしたんだって? あー、だいぶ切ったみたいだね。

美香:はい、えっと、きのうの夜、またちょっと手首切ったんです。

母親:それだけとちがって、頭、壁にぶっつけたりしまして。先生、三ヶ月まえからカウンセリングをしていただいて、だいぶ落ち着いてきたと安心してたんですが。

カウ:えー、切るだけと違って、頭ぶつけたりしたんですか。うん。それは、どんな気持ちの中で手首切ったか、覚えてるかな?

美香:えっとー。就職がまだ決まらなくて・・・

カウ:あせってイライラっとしてたんかな?

美香:イライラっていうよりも・・もう絶望的っていうか、投げやりっていうか。

カウ:うん。うん。なるほどな。うん、そうか。で、その友だちって内定が決まったの?

美香:はい、愛ね、英語が生かせる職場だって喜んでるの。それでうれしそうにペラペラしゃべってて。「へー、よかったね。おめでとう」って言ってたんですけど、なんかだんだん気分わるくなってきて。

カウ:あ、そうか。ちょっと自分と比べてしまったんかな。

美香:自分にすごい苛々して。私は怠け者、なにしてるんや!リストカットで痛い目にあって罰を受けろ!こんな気持ちに追い立てられたみたいになって。

カウ:それで大分やばかった?ドバッと切って血が出ましたか?

母親:今回は5針縫いました。まえは10針でしたけど。

カウ:そうですか。痛かったでしょう。自分に罰ですか。罰を与えないといけないってことないでしょう。いつも一生懸命、取り組む人なのに。

美香:いいえ、ちがいます。私が怠けてるから、ダメなんです。血を見てホッとしました。「あー、これで私は許されるんだわ」って思いました。

 

美香さんと友だちの愛さんは二人ともESSサークルで、英会話を楽しみながらブラッシュアップしていました。頑張りやの美香は誰にも負けないくらい上達して。「私のほうが愛ちゃんより上手に話せるわ」と、仲良しの愛には負けないぞという気持ちが強かったようです。その愛ちゃんが先に決まってしかも英語を生かせる職場ということで、美香はショックを受けたようです。

一つの理由として言えることは、リストカットから治る道筋を歩みはじめたころは、感情の波が激しく非常に不安定になりがちです。今日いいことがあってうきうき気分でも、次の日ちょっとでもひっかかることがあると、ガクッと落ち込んでしまいます。まわりの人間はびっくり仰天で振り回されますが、本人はそこまでの自覚はなくその場その場の気分に左右され、通常では考えられない「手首を切る」という衝動的な行為にでてしまうようです。

家族の人は、本人が明るく話すからとかリストカットしなくなったからといって、安心しないよう気をつけて見ておくことが大切です。

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

(更に詳しい情報:上のリンクから当センターのメインHPへお越し下さい)

☎ 06-6866-1510

痩せたいのに、ダイエットからの過食症 専門家によるカウンセリング治療

摂食障害:過食症のカウンセリング治療は、 大阪の淀屋橋心理療法センターhttps://www.yodoyabashift.com)でおこなっています。 TEL: 06-6866-1510 (無料の事前相談があります)

***********************************************************************************************************

雑誌やテレビのダイエット特集、若い女性に人気があります。ある週刊誌をみていた勝代さんは「いいな、私もやせたいな。ここに紹介してあるダイエットやってみようかな」とつぶやきました。

「ポテチのカロリー(kcal)って意外に高いのね」

週刊誌にはきれいでスマートな女優さんの写真がのっています。その横には食べ物のカロリーを示した一覧表が。勝代さんのよく食べるポテチは90gで501kcal、ハンバーガーは340kcalとあります。「うわー、こんなにカロリーあるなんて!知らなかった。私、太るはずやね」と、勝代さんはびっくりしました。でもつぎの記事には「このダイエットを実行した人は、半年で10kgやせたよ!」とあります。「10kgですって!それってまじ?でもやってやれないことはないな」。勝代さんの目にはスマートな女優さんの写真がちらついてはなれませんでした。

こってりした物が大好きな勝代さんは、158cmで60kgあります。どうみてもぽっちゃりタイブ。「勝代、かわいいよ。やせた勝代より今のほうが似合ってるよ」というクラスの友達の声で、「まいいか。これでも」と思ってきました。でも「やっぱりやせたいな。50kgになれたらな」という気持ちはずーと以前から心の底にありました。それだけに週刊誌に書いてある10kgやせたという魅力的な数字が頭からはなれませんでした。

ダイエットを始めたけれど、かなり強行スケジュール

勝代さんは自分で食事の献立をたて始めました。そばにはカロリーを書いた一覧表をおいています。「朝はパンと紅茶だけ、昼は学食でおうどんだけにしとこうかな」。「我慢できるかな、こんなんで。でもねー、あの女優さんみたいにスマートになりたいのよね。よし、がんばるぞ!」

夜は家族といっしょのメニューですが、ご飯は半分しか食べないと決めました。あっさりしたおかずしか手をつけません。「あら、勝っちゃんダイエット?ちゃんと食べないとね、受験生なんだから」「ほっといてよ、お母さんのこってり料理で私こんなに太っちゃったのよ」と勝代も負けずに言い返します。「いつまで続くかしらね」といった軽い気持ちで、お母さんは勝代のダイエットを見守っていました。

ダイエットからムチャ食いに

それから一月後のことです。「たいへんです。娘がダイエットから、こんどは食べて食べてむちゃ食いしだしました。どうしたらいいでしょうか?」と、お母さんから緊急の相談電話が当センターにかかってきました。無理なダイエットから過食症に落ち入るケースは少なくありません。すぐに対応のアドバイスをだすために来所してもらいました。

お母さんは顔をひきつらせて飛び込んでこられました。カウンセリングを待つあいだも心配でたまらないのか、「ハッー」というため息が聞こえてきます。手を組んだりほどいたり、心のなかの動揺が伝わってきました。

止まらない過食 「お母さん、食べるの止めて!」

カウンセラーはお母さんから家での様子を話してもらいました。

いっぱい食べだしたときに勝代さんは「太るのはいや、怖い。やせたいのに」と泣いて訴えたそうです。でもお母さんはどうしていいかわかりません。「こんな太った体、見られるのいや!学校行きたくない。私なんでこんなになってしまったの。なんも悪いことしてないのに」と、勝代さんは泣き続けていました。

「やっぱリダイエットなんて、ムリだったのよ。1キロや2キロやせたって、反動で食べちゃうのよね。心配しないで。お母さんが摂食障害の専門外来のあるところをみつけたから」と、お母さんは勝代さんを落ち着かせようと一生懸命です。「お母さん、なんとか食べるの止めてよ、太ってしまう!」と勝代さんはわめき続けていたということです。

家に食事以外の食べ物を置かないように

カウンセラーはお母さんに、とりあえずの対処法をつたえました。

カウ:家に食べる物はおいてありますか?食事の材料以外でも。プリンやお漫頭とかの類ですが。

母親:はい、アイスクリームや甘いものが大好きで買ってくれと騒ぎますので、いつも買いおきしてあります。

カウ:まずそれを控えてください。食べ物を食事意外あまり家におかないようにしましょう。これは緊急対応ですので、これで食欲がおさまるというわけにはいかないかもしれませんが。できるだけ早く勝代さんとごいっしょにおいでください。

母親:わかりました。娘を説得して連れてまいります。よろしくお願いします。

カウンセラーの具体的なアドバイスに信頼感を得て、お母さんはホッとした気持ちで家に急ぎました。

摂食障害専門外来でカウンセリング開始

お母さんは淀屋橋心理療法センターから帰ると、すぐに勝代さんを説得にかかりました。「ダイエットから摂食障害になる人が多いって、教えてもらったの。摂食障害にはね、食べて食べてとまらなくなる過食症と、太る恐怖から食べられなくなる拒食症があるんですって」。「じゃ私は過食症のほうやね」「まだそうとはいいきれないけどね、早く専門家の先生に相談したほうがいいみたい。しろうと判断はまちがった方向にいく恐れがありますって言われてたわ」。

勝代さんは薬を飲むということに抵抗感がありました。お母さんは「そこは薬ではなくカウンセリングで治すところなのよ。摂食障害専門外来があるし、よく話をきいてくださるから行ってみない?」と、すすめました。勝代さんは食欲を自分ではどうすることもできず、お母さんと一緒なら行くことを受け入れました。こうして勝代さんのカウンセリングがスタートしました。

ダイエットからの過食症(摂食障害)

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

(更に詳しい情報:上のリンクから当センターのメインHPへお越し下さい)

☎ 06-6866-1510

福田俊一  精神科医 所長 (摂食障害専門外来 40年の治療歴)

増井昌美  過食症専門セラピスト(摂食障害専門外来 30年の治療歴)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

止まらない過食症・過食嘔吐・非嘔吐過食克服のきっかけ

摂食障害:過食症のカウンセリング治療は、 大阪の淀屋橋心理療法センターhttps://www.yodoyabashift.com)でおこなっています。 TEL: 06-6866-1510 (無料の事前相談があります)

****************************************************************************

過食症のカウンセリング治療を受けに来所されている前田さん。長女の美咲さん(14才)が食べ吐きをくり返すうち、不登校になってしまいました。他県からお母さまが熱心に通われています。

中学生の美咲さん(過食症)が初めて来所

「先生、こんにちわ。イチョウの葉っぱがこんなに黄色くなって」と、お母さまが手いっぱいの葉っぱをみせてくださいました。高速バスを下りて緑地公園を通り抜けてくるとき、あまりにもきれいな秋色の葉っぱをひろってこられたようです。受け取りながらふとお母さまの後ろをみると、女の子が立っています。「美咲です。初めてきました。『今日は私も行きたい』言いまして」と、お母さまが紹介されました。

「ヘヘヘーッ」と、照れ笑いしながら美咲さんは「よろしくお願いします」と、ちょこんと頭をさげました。

「カウンセリングに通うお金あるんなら、私にちょうだい」

美咲さんは、お母さまがカウンセリングに通うことに反対だったと聞いていました。「そんなお金あるんだったら、私にちょうだいよ。食べたくてお金ほしいんだから」と、いつもお母さまを困らせていました。それがカウンセリングの回数が重なるごとに、だんだん変わってきました。「お母さん、今度いつカウンセリングに行くの?」とか「気をつけて行ってらっしゃい」とか、声をかけてくれるようになりました。

「お母さん、私の話よく聞いてくれるようになった」

「美咲さん、はじめまして。いやー、びっくりしましたね。きょうはどうして来ようっていう気になったの」と聞くと、美咲さんは次のように話してくれました。「あのね、はじめはいやだったの。お母さんがカウンセリングに行くの。私のことあれこれしゃべられるのいやって思って。でもお母さん、だんだん変わってきた。私の話しよく聞いてくれるようになってきて、うれしかった」と、小さいけれどはずむ声で言いました。

止めたいのに、止まらない過食

「お母さんに『そんなに食べるの、やめなさい』とか『吐くの、もったいないじゃない』とか言われて。自分でも過食・嘔吐はいけないことだとわかっていても、止められなかった。だからそう言われるのがとてもいやだったの」と、美咲さんは話をつづけた。

うれし涙が頬をつたって

「それがカウンセリングを受けだしてから変わってきた。あれっ!て思ったの」。「お母さんが『過食は、つらいよね。ほんとうにつらいんだよね』って、私を見て言ってくれた。はじめは信じられなかった。でも『止めたくても止められないんだよね、美咲ちゃん』って。あー、私の気持ちわかってくれてるんだ」って思ったらすごいうれしかった」。

「それで私もカウンセリングに行ってみたいなって思うようになりました」と、話す美咲さんの頬にはうれし涙がつたっていました。

止まらない過食・過食嘔吐

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

(更に詳しい情報:上のリンクから当センターのメインHPへお越し下さい)

☎ 06-6866-1510

福田俊一  精神科医 所長 (摂食障害専門外来 40年の治療歴)

増井昌美  過食症専門セラピスト(摂食障害専門外来 30年の治療歴)

大阪の摂食障害専門外来 過食症/拒食症

 

「摂食障害専門外来 過食症/拒食症」が治るカウンセリング治療

 

摂食障害(過食症/拒食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センターで行っております。  ( TEL:  06-6866-1510        FAX: 06-6866-2812  )

*****************************************************************************************************

摂食障害(過食症/拒食症)カウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センターが得意中の得意です。カウンセリングの治療実績は「2455症例」(2012.12.31まで)にのぼっており、高い治癒率を上げています。

摂食障害(過食症/拒食症)は治らない」とあきらめているあなた、「わが子の摂食障害(過食症/拒食症)に、どう対応したらいいかわからない」と悩む親ごさん、いちど淀屋橋心理療法センターにご連絡ください。40年の治療経験をもつカウンセリング一筋の精神科医師が治療に携わっています。30年過食症のカウンセリング治療を専門におこなってきた女性セラピストも従事しています。

カウンセリング治療では「摂食障害(過食症/拒食症)初期対応のこつ」や「こじれさせないためのアドバイス」をご本人や親ごさんにさし上げています。そして「摂食障害(過食症/拒食症)を克服したい」というあなたの強い願望をカウンセリングで実現に導きます。また「わが子の摂食障害(過食症/拒食症)をなんとしても治してやりたい」という親ごさんの熱意を生かし、確実に摂食障害(過食症/拒食症)からの脱出に成果をあげtげいます。

 

淀屋橋心理療法センター 摂食障害専門外来(過食症/拒食症)

福田俊一  所長 精神科医師

増井昌美  摂食障害 過食症専門セラピスト

 

過食症のチェックリスト:改善がわかるポイント(自身について)

摂食障害(過食症/拒食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センターでおこなっています。

摂食障害(過食症・拒食症)専門外来ページも御覧下さい。ページ上部のボタンをクリックすれば表示されます。

 

過食症のチェックリスト:改善がわかるポイント(自身について)

 

かなり長期化しやや重症だった過食症の人についてのチェックリストです。

カウンセリング治療を受けて、過食症は良くなってきただろうか?

自分で診断できるチェックポイントです。

(1)あなた自身についての改善ポイント

以前の友人(学生時代、職場の同僚など)からのメイルに返事がだせる。

「中学、高校時代の同窓会に参加してみようかな」という気持ちになれる。

家のなかでできる趣味(ビーズ、絵手紙、習字、インターネットなど)は、かなり楽しみながらできるようになる。

家のなかで自分の役割としての家事手伝いなどを、進んでやろうとする。

 

*******************************************************************************************************

淀屋橋心理療法センター(06-6866-1510)

このチェックリストは、淀屋橋心理療法センターの摂食障害(過食症/拒食症)専門外来が作成しました。(無断転載を禁ず)

 

福田俊一 所長 精神科医 カウンセラー

増井昌美 摂食障害/過食症専門セラピスト

 

 

摂食障害(過食症・拒食症)の治療実績

■摂食障害(過食症・拒食症)の治療実績 

淀屋橋心理療法センターの摂食障害専門外来において、

問い合わせ及びカウンセリング治療をお受けした総件数は、   (2012.12.31まで)…2455症例

高い治癒率をあげています。

  *淀屋橋心理療法センター  06-6866-1510

 

摂食障害専門外来、過食症・拒食症摂食障害(過食症・拒食症)には必ず治る道があります。

あなたは「この病気は治らない」と思いこんでいませんか?

淀屋橋心理療法センターでは、35年のカウンセリング一筋の精神科医師と30年の過食症専門の女性セラピストが治療に携わっています。独自の進化した家族療法によるカウンセリングで、初期の摂食障害を素早く解決したり、こじれて長期化した摂食障害も治癒に導いてきました。

ご本人の「過食症、拒食症から絶対に治るんだ。克服してみせるぞ!」という強い気持ちと、「なんとか治してやりたい」という親御さんの熱意があれば、摂食障害は確実に治る症状です。

 *淀屋橋心理療法センター  06-6866-1510