ダイエットで激やせから過食症に。お菓子の過食が止まらない。

ほとんどの摂食障害(拒食、過食)は、ダイエットから始まることが多い。「私もあんなきれいなボディーになりたい」と、あこがれから食事を制限し出す。男性からみた美しい女性の体型を目指すということか。いろんなケースがあるが、わかりやすい例を一つ紹介しよう。

晶子は19才。大学に入ってボーイフレンドもでき、キャンパスライフを楽しんでいた。彼は部活の先輩。ESSの夏合宿で同じグループになったのがきっかけだった。「彼といるときはね、英語で話しするのよ。私がつまったら彼がすぐに教えてくれるの。すごく英会話うまいのよ」。彼の話をするときは晶子の目は輝いていた。

このままでいけば本当に楽しい学生生活になるはずだった。それがなぜこんな「過食症」というやっかいな落とし穴にはまってしまったんだろう。晶子は泣きながら面接室で話してくれた。

ダイエットを始めたきっかけはボーイフレンドの言葉

「私だってそんなに太ってるほうじゃないんです。ちょうどいいかなって思えるくらいだった。それが映画を見に行ったあと、彼が『やせた女の子っていいな』って一言ポツンといったのが耳に残って。そりゃアンジェリーナ・ジョーリーのボディーは最高にきれいだったわ。家に帰ってからもアンジェリーナのウエストや足の細さが目にちらついて。「そうか彼は「やせた女の子が好き」なのか。それじゃもっとやせて彼にもっと好きになってもらいたい」って思ったの」。

食物のカロリー計算にとりつかれだした

ご飯は一杯だけにして、おかずを多めに。お野菜ならいくら食べても太らないだろう。こんな軽い気持ちでダイエットは始まった。しかしこれでは一週間たってもなんの変化もない。

なんとかしなくてはと、次に考えたのは、まず太りやすい食べ物はやめよう。炭水化物を含むごはんやおいもはいっさいとらない。甘ーいチョコレートやアイスクリームなどのお菓子類もダメよ。これでどうだ。一週間頑張ってみた。すると50Kgあった体重が48Kgに。「うわー、体重が減ってる。バンザイ!やっぱり頑張ったかいがあるんだわ」

晶子は今まで味わったことのない快感にとらわれた。自分の意志で自分のからだをコントロールできる。そして彼の好きなやせた女の子になれる。「そうだもっともっとやせてやろう。そしたら彼は私のことをもっともっと好きになってくれるだろう」。そこで目を付けたのが食品のカロリー成分表ののっているダイエットの本。その日から晶子のカロリーとの戦いが始まった。「えーと、ワカメは○カロリーだからよし。ほうれんそうは栄養がありすぎるから白菜にしよう。お酢の物なんかは○カロリーと低いんだな」。こんな具合に毎日の食事がきわめて低カロリーの食事に変わっていった。

体重が7kgも減って、激やせに

一月たったころ、晶子はカロリーの本で確認してからでないと食事が食べられなくなっていた。そしてとうとう電子計りを購入して食べ物を一つ一つはかりだした。心配した母親の「晶子、あんたそれは異常だよ」という声と表情は、うとましく払いのけたいほどだった。

「体重はみるみるうちに減っていって、48Kgだったのが45Kg切り出した。43Kgぐらいになったとき彼がこう言ったの。『晶ちゃん、なんかやせすぎてない?激やせだよ。もっと食べなきゃ』。「何をかってなこと。啓次が『やせた女の子が好き』っていったから、私も頑張ってやせようとしてるんじゃないか。それをいまさら」。むかついて、むかついて晶子は気持ちがおさまらない。

甘い物(お菓子)を突然食べだして、今度は止まらなくなった

頑張ってやせたのに、私のこともっと好きになってほしかったのに。くやしい。なんのためにこんなに苦労してやせたのか。晶子の心の中で何かが音をたてて崩れていった。

やせて味わった晴れ晴れとした快感は、なんとなく遠くの出来事のようだ。お昼ご飯を食べ終えて、ふと目にとまったチョコレート。今までテーブルにあっても「食べてはいけない項目」の一つだったから気にしないようにしていた。それがどういうわけか甘い物が食べたい。「太るからだめ」「いいやん、一つだけなら」「あとで運動すればだいじょうぶ」いろいろな思いがせめぎ合って、晶子はとうとう手をのばした。

もう結果は書くまでもないだろう。この日から晶子のダイエットは崩れてゆき、過食と太る恐怖に悩まされる毎日となったのだ。

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

(更に詳しい情報:上のリンクから当センターのメインHPへお越し下さい)

☎ 06-6866-1510

痩せたいのに、ダイエットからの過食症 専門家によるカウンセリング治療

摂食障害:過食症のカウンセリング治療は、 大阪の淀屋橋心理療法センターhttps://www.yodoyabashift.com)でおこなっています。 TEL: 06-6866-1510 (無料の事前相談があります)

***********************************************************************************************************

雑誌やテレビのダイエット特集、若い女性に人気があります。ある週刊誌をみていた勝代さんは「いいな、私もやせたいな。ここに紹介してあるダイエットやってみようかな」とつぶやきました。

「ポテチのカロリー(kcal)って意外に高いのね」

週刊誌にはきれいでスマートな女優さんの写真がのっています。その横には食べ物のカロリーを示した一覧表が。勝代さんのよく食べるポテチは90gで501kcal、ハンバーガーは340kcalとあります。「うわー、こんなにカロリーあるなんて!知らなかった。私、太るはずやね」と、勝代さんはびっくりしました。でもつぎの記事には「このダイエットを実行した人は、半年で10kgやせたよ!」とあります。「10kgですって!それってまじ?でもやってやれないことはないな」。勝代さんの目にはスマートな女優さんの写真がちらついてはなれませんでした。

こってりした物が大好きな勝代さんは、158cmで60kgあります。どうみてもぽっちゃりタイブ。「勝代、かわいいよ。やせた勝代より今のほうが似合ってるよ」というクラスの友達の声で、「まいいか。これでも」と思ってきました。でも「やっぱりやせたいな。50kgになれたらな」という気持ちはずーと以前から心の底にありました。それだけに週刊誌に書いてある10kgやせたという魅力的な数字が頭からはなれませんでした。

ダイエットを始めたけれど、かなり強行スケジュール

勝代さんは自分で食事の献立をたて始めました。そばにはカロリーを書いた一覧表をおいています。「朝はパンと紅茶だけ、昼は学食でおうどんだけにしとこうかな」。「我慢できるかな、こんなんで。でもねー、あの女優さんみたいにスマートになりたいのよね。よし、がんばるぞ!」

夜は家族といっしょのメニューですが、ご飯は半分しか食べないと決めました。あっさりしたおかずしか手をつけません。「あら、勝っちゃんダイエット?ちゃんと食べないとね、受験生なんだから」「ほっといてよ、お母さんのこってり料理で私こんなに太っちゃったのよ」と勝代も負けずに言い返します。「いつまで続くかしらね」といった軽い気持ちで、お母さんは勝代のダイエットを見守っていました。

ダイエットからムチャ食いに

それから一月後のことです。「たいへんです。娘がダイエットから、こんどは食べて食べてむちゃ食いしだしました。どうしたらいいでしょうか?」と、お母さんから緊急の相談電話が当センターにかかってきました。無理なダイエットから過食症に落ち入るケースは少なくありません。すぐに対応のアドバイスをだすために来所してもらいました。

お母さんは顔をひきつらせて飛び込んでこられました。カウンセリングを待つあいだも心配でたまらないのか、「ハッー」というため息が聞こえてきます。手を組んだりほどいたり、心のなかの動揺が伝わってきました。

止まらない過食 「お母さん、食べるの止めて!」

カウンセラーはお母さんから家での様子を話してもらいました。

いっぱい食べだしたときに勝代さんは「太るのはいや、怖い。やせたいのに」と泣いて訴えたそうです。でもお母さんはどうしていいかわかりません。「こんな太った体、見られるのいや!学校行きたくない。私なんでこんなになってしまったの。なんも悪いことしてないのに」と、勝代さんは泣き続けていました。

「やっぱリダイエットなんて、ムリだったのよ。1キロや2キロやせたって、反動で食べちゃうのよね。心配しないで。お母さんが摂食障害の専門外来のあるところをみつけたから」と、お母さんは勝代さんを落ち着かせようと一生懸命です。「お母さん、なんとか食べるの止めてよ、太ってしまう!」と勝代さんはわめき続けていたということです。

家に食事以外の食べ物を置かないように

カウンセラーはお母さんに、とりあえずの対処法をつたえました。

カウ:家に食べる物はおいてありますか?食事の材料以外でも。プリンやお漫頭とかの類ですが。

母親:はい、アイスクリームや甘いものが大好きで買ってくれと騒ぎますので、いつも買いおきしてあります。

カウ:まずそれを控えてください。食べ物を食事意外あまり家におかないようにしましょう。これは緊急対応ですので、これで食欲がおさまるというわけにはいかないかもしれませんが。できるだけ早く勝代さんとごいっしょにおいでください。

母親:わかりました。娘を説得して連れてまいります。よろしくお願いします。

カウンセラーの具体的なアドバイスに信頼感を得て、お母さんはホッとした気持ちで家に急ぎました。

摂食障害専門外来でカウンセリング開始

お母さんは淀屋橋心理療法センターから帰ると、すぐに勝代さんを説得にかかりました。「ダイエットから摂食障害になる人が多いって、教えてもらったの。摂食障害にはね、食べて食べてとまらなくなる過食症と、太る恐怖から食べられなくなる拒食症があるんですって」。「じゃ私は過食症のほうやね」「まだそうとはいいきれないけどね、早く専門家の先生に相談したほうがいいみたい。しろうと判断はまちがった方向にいく恐れがありますって言われてたわ」。

勝代さんは薬を飲むということに抵抗感がありました。お母さんは「そこは薬ではなくカウンセリングで治すところなのよ。摂食障害専門外来があるし、よく話をきいてくださるから行ってみない?」と、すすめました。勝代さんは食欲を自分ではどうすることもできず、お母さんと一緒なら行くことを受け入れました。こうして勝代さんのカウンセリングがスタートしました。

ダイエットからの過食症(摂食障害)

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

(更に詳しい情報:上のリンクから当センターのメインHPへお越し下さい)

☎ 06-6866-1510

福田俊一  精神科医 所長 (摂食障害専門外来 40年の治療歴)

増井昌美  過食症専門セラピスト(摂食障害専門外来 30年の治療歴)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村