ダイエットで激やせから過食症に。お菓子の過食が止まらない。

ほとんどの摂食障害(拒食、過食)は、ダイエットから始まることが多い。「私もあんなきれいなボディーになりたい」と、あこがれから食事を制限し出す。男性からみた美しい女性の体型を目指すということか。いろんなケースがあるが、わかりやすい例を一つ紹介しよう。

晶子は19才。大学に入ってボーイフレンドもでき、キャンパスライフを楽しんでいた。彼は部活の先輩。ESSの夏合宿で同じグループになったのがきっかけだった。「彼といるときはね、英語で話しするのよ。私がつまったら彼がすぐに教えてくれるの。すごく英会話うまいのよ」。彼の話をするときは晶子の目は輝いていた。

このままでいけば本当に楽しい学生生活になるはずだった。それがなぜこんな「過食症」というやっかいな落とし穴にはまってしまったんだろう。晶子は泣きながら面接室で話してくれた。

ダイエットを始めたきっかけはボーイフレンドの言葉

「私だってそんなに太ってるほうじゃないんです。ちょうどいいかなって思えるくらいだった。それが映画を見に行ったあと、彼が『やせた女の子っていいな』って一言ポツンといったのが耳に残って。そりゃアンジェリーナ・ジョーリーのボディーは最高にきれいだったわ。家に帰ってからもアンジェリーナのウエストや足の細さが目にちらついて。「そうか彼は「やせた女の子が好き」なのか。それじゃもっとやせて彼にもっと好きになってもらいたい」って思ったの」。

食物のカロリー計算にとりつかれだした

ご飯は一杯だけにして、おかずを多めに。お野菜ならいくら食べても太らないだろう。こんな軽い気持ちでダイエットは始まった。しかしこれでは一週間たってもなんの変化もない。

なんとかしなくてはと、次に考えたのは、まず太りやすい食べ物はやめよう。炭水化物を含むごはんやおいもはいっさいとらない。甘ーいチョコレートやアイスクリームなどのお菓子類もダメよ。これでどうだ。一週間頑張ってみた。すると50Kgあった体重が48Kgに。「うわー、体重が減ってる。バンザイ!やっぱり頑張ったかいがあるんだわ」

晶子は今まで味わったことのない快感にとらわれた。自分の意志で自分のからだをコントロールできる。そして彼の好きなやせた女の子になれる。「そうだもっともっとやせてやろう。そしたら彼は私のことをもっともっと好きになってくれるだろう」。そこで目を付けたのが食品のカロリー成分表ののっているダイエットの本。その日から晶子のカロリーとの戦いが始まった。「えーと、ワカメは○カロリーだからよし。ほうれんそうは栄養がありすぎるから白菜にしよう。お酢の物なんかは○カロリーと低いんだな」。こんな具合に毎日の食事がきわめて低カロリーの食事に変わっていった。

体重が7kgも減って、激やせに

一月たったころ、晶子はカロリーの本で確認してからでないと食事が食べられなくなっていた。そしてとうとう電子計りを購入して食べ物を一つ一つはかりだした。心配した母親の「晶子、あんたそれは異常だよ」という声と表情は、うとましく払いのけたいほどだった。

「体重はみるみるうちに減っていって、48Kgだったのが45Kg切り出した。43Kgぐらいになったとき彼がこう言ったの。『晶ちゃん、なんかやせすぎてない?激やせだよ。もっと食べなきゃ』。「何をかってなこと。啓次が『やせた女の子が好き』っていったから、私も頑張ってやせようとしてるんじゃないか。それをいまさら」。むかついて、むかついて晶子は気持ちがおさまらない。

甘い物(お菓子)を突然食べだして、今度は止まらなくなった

頑張ってやせたのに、私のこともっと好きになってほしかったのに。くやしい。なんのためにこんなに苦労してやせたのか。晶子の心の中で何かが音をたてて崩れていった。

やせて味わった晴れ晴れとした快感は、なんとなく遠くの出来事のようだ。お昼ご飯を食べ終えて、ふと目にとまったチョコレート。今までテーブルにあっても「食べてはいけない項目」の一つだったから気にしないようにしていた。それがどういうわけか甘い物が食べたい。「太るからだめ」「いいやん、一つだけなら」「あとで運動すればだいじょうぶ」いろいろな思いがせめぎ合って、晶子はとうとう手をのばした。

もう結果は書くまでもないだろう。この日から晶子のダイエットは崩れてゆき、過食と太る恐怖に悩まされる毎日となったのだ。

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

(更に詳しい情報:上のリンクから当センターのメインHPへお越し下さい)

☎ 06-6866-1510