過食嘔吐・非嘔吐過食の太る恐怖と苦しみ  過食回数を減らす為のアドバイス

「吐けない、太ってしまう、太る恐怖をなんとかして!」

「食べた後、なかなか吐けなくて。時間がかかるから必死なの。苦しくて指をのどに突っ込んで、やっと吐けた。やれやれ」。でもね、体重計にのったらいつも100g増えてるの。あーあ」。

この瞬間から幸代のパニックがはじまる。「今でも太ってるのに、これ以上太りたくない。お母さん、なんとかして」と、母親に泣いて訴える。「だいじょうぶよ、ちっとも太ってるふうには見えないから」と、なだめてもダメ。太る恐怖感はだんだんエスカレートして、幸代は手当たりしだいに物を投げ出す。止めようとする母親にも殴りかかる。「太る恐怖」に追いつめられた幸代は、母親と毎日のようにこんな修羅場を演じている。まるで地獄である。

「どうすればこの太る恐怖から解放されるの?教えて、教えて、教えてよー!」

いままで過食に悩む人たちは、いろんな専門機関を訪れてはこの質問をなげかけてきた。ある医院では「そんなに太ってませんよ。気になるのなら食べるのをやめればいいんです」と言われたこともある。「それじゃ薬をだしましょう」と、安定剤が処方されたりもする。安定剤を飲み続けても、決して太る恐怖から解放されはしないのだが。「あなたのわがままです。止める意思があるなら止められるでしょう」と、突き放された言い方に落ち込んでしまった人もいる。「過食症は脳の病気だから治りません」と、言い切った大学教授の先生もおられる。みんな当センターを訪れたクライアントの口からでたことばである。

「過食で食べる回数はどうすれば減らせるの?」

どうすれば過食嘔吐の回数を減らしていくことができるか。当センターの治療では次のような時に成功しやすいとわかってきた。

  1. 両親の協力をどれだけ得られるか。家庭環境の見直しが必要である。
  2. 本人の心のなかに食以外のことで隠されている暗い気持ち…怒り、悲しみ、モヤモヤはなにか。それをあなた自身が自覚し、言葉で表現できるようになること。
  3. 夢中になれるものがあること。また将来への夢がつかめていること。

言いたいことをきちんと言葉で伝える力を高めよう

とりあえず「食べる食べない」の問題はしばらく棚上げして、こうした家族関係や本人の心をみていくことに焦点をあてる。「私、ほんとうはお父さんにこれが言いたかったんだ」とか「『お母さんのバカッ』って大声で言えて、はじめてすっきりした」。こんな言葉が本人の口から聞けだしたら、最初は言葉が悪くてもだんだんと本人のコミュニケーション能力が高まり相手にきちんと伝えることができるようになっていく。これが糸口になって摂食障害の状態は改善の方向に進んでいくと言えよう。

太る恐怖から脱出するには

「太る恐怖はどうなるの?これを取り除きたいんだけど」と、あなたは言うだろう。太ることばかりに気を取られていても、決して太る恐怖からは解放されない。ふしぎなことに治療の焦点を太る恐怖からはずして、もっと視野を広げた問題をみていき関心の幅を広げていくなかで、しだいに太る恐怖は影をうすくしていくことがよくある。もちろん時間はかかる。しかしゆっくりではあっても、確実に過食症のあり地獄から這いあがっていく自分を感じることができるであろう。

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

(更に詳しい情報:上のリンクから当センターのメインHPへお越し下さい)

過食嘔吐・非嘔吐過食の太る恐怖と苦しみ 過食回数を減らすアドバイス

☎ 06-6866-1510

福田俊一  精神科医 所長 (摂食障害専門外来 40年の治療歴)

増井昌美  過食症専門セラピスト(摂食障害専門外来 30年の治療歴)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

止まらない過食症・過食嘔吐・非嘔吐過食克服のきっかけ

摂食障害:過食症のカウンセリング治療は、 大阪の淀屋橋心理療法センターhttps://www.yodoyabashift.com)でおこなっています。 TEL: 06-6866-1510 (無料の事前相談があります)

****************************************************************************

過食症のカウンセリング治療を受けに来所されている前田さん。長女の美咲さん(14才)が食べ吐きをくり返すうち、不登校になってしまいました。他県からお母さまが熱心に通われています。

中学生の美咲さん(過食症)が初めて来所

「先生、こんにちわ。イチョウの葉っぱがこんなに黄色くなって」と、お母さまが手いっぱいの葉っぱをみせてくださいました。高速バスを下りて緑地公園を通り抜けてくるとき、あまりにもきれいな秋色の葉っぱをひろってこられたようです。受け取りながらふとお母さまの後ろをみると、女の子が立っています。「美咲です。初めてきました。『今日は私も行きたい』言いまして」と、お母さまが紹介されました。

「ヘヘヘーッ」と、照れ笑いしながら美咲さんは「よろしくお願いします」と、ちょこんと頭をさげました。

「カウンセリングに通うお金あるんなら、私にちょうだい」

美咲さんは、お母さまがカウンセリングに通うことに反対だったと聞いていました。「そんなお金あるんだったら、私にちょうだいよ。食べたくてお金ほしいんだから」と、いつもお母さまを困らせていました。それがカウンセリングの回数が重なるごとに、だんだん変わってきました。「お母さん、今度いつカウンセリングに行くの?」とか「気をつけて行ってらっしゃい」とか、声をかけてくれるようになりました。

「お母さん、私の話よく聞いてくれるようになった」

「美咲さん、はじめまして。いやー、びっくりしましたね。きょうはどうして来ようっていう気になったの」と聞くと、美咲さんは次のように話してくれました。「あのね、はじめはいやだったの。お母さんがカウンセリングに行くの。私のことあれこれしゃべられるのいやって思って。でもお母さん、だんだん変わってきた。私の話しよく聞いてくれるようになってきて、うれしかった」と、小さいけれどはずむ声で言いました。

止めたいのに、止まらない過食

「お母さんに『そんなに食べるの、やめなさい』とか『吐くの、もったいないじゃない』とか言われて。自分でも過食・嘔吐はいけないことだとわかっていても、止められなかった。だからそう言われるのがとてもいやだったの」と、美咲さんは話をつづけた。

うれし涙が頬をつたって

「それがカウンセリングを受けだしてから変わってきた。あれっ!て思ったの」。「お母さんが『過食は、つらいよね。ほんとうにつらいんだよね』って、私を見て言ってくれた。はじめは信じられなかった。でも『止めたくても止められないんだよね、美咲ちゃん』って。あー、私の気持ちわかってくれてるんだ」って思ったらすごいうれしかった」。

「それで私もカウンセリングに行ってみたいなって思うようになりました」と、話す美咲さんの頬にはうれし涙がつたっていました。

止まらない過食・過食嘔吐

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

(更に詳しい情報:上のリンクから当センターのメインHPへお越し下さい)

☎ 06-6866-1510

福田俊一  精神科医 所長 (摂食障害専門外来 40年の治療歴)

増井昌美  過食症専門セラピスト(摂食障害専門外来 30年の治療歴)